資産運用アドバイザーとは

いま、人々のライフスタイルが多様化するとともに金融商品やサービスも多様化してきています。

資産運用に興味があっても、こうした多様な商品・サービスを自分で選ぶことは困難かもしれません。

そんなときは、資産運用の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

資産運用アドバイザーとは

投資への考え方だけでなく、お客さまのライフスタイルや資産状況にあわせて総合的に資産運用をアドバイスする専門家です。

アドバイザーとして、ファイナンシャルプランナー、投資助言業者、金融商品仲介業の他、保険代理店などさまざまな業者が存在します。


資産運用アドバイザーの種類

①ファイナンシャルプランナー(=FP)

・アドバイス範囲:個別金融商品の助言なし(家計や一般的な金融知識)

・金融商品の取り扱い:販売を仲介なし

・おもな報酬:相談料

②投資助言業者

・アドバイス範囲:個別金融商品の助言

・金融商品の取り扱い:販売の仲介なし

・おもな報酬:相談料

③独立系金融アドバイザー(=IFA:金融商品仲介業者)

※ファイナンシャルアドバイザー(=FA)の中でも特定の金融機関に所属していないFAです。

・アドバイス範囲:個別金融商品の助言

・金融商品の取り扱い:販売の仲介あり

・おもな報酬:販売時の手数料、信託報酬の一部


まとめ

ファイナンシャルプランナーは、個別商品の助言はせず、家計全般や一般的な金融に関してアドバイスします。

また、投資助言業者やIFAは、個別の金融商品を助言します。

資産運用のアドバイザーと言っても、得意分野や取扱商品、また仕事のスタイルもさまざまです。

ご自身が「何を」「どこまで」相談したいかを考えて、その分野に詳しく共感できるアドバイザーを見つけてみてはいかがでしょう。